MacでZoomを自動的に起動させる方法【1限のオンライン授業が目覚まし代わり】

オンライン授業だから、朝早く起きなくてもいい……!

そう思って油断していたら、1限に寝坊してしまったことはありませんか?

1限に寝坊しなくてもいいように、MacでZoomを指定した時間帯に起動させてみましょう!

他のZoomミーティングにも使えます

ZoomのURLを入手する

ZoomのURLhttps://zoom.us/j/<ミーティングID>?pwd=<パスワード>を入手しましょう。

注意する点としては、Zoomミーティングに入るのにパスワードが必要な場合、パスワード付きのURLを入手するしたほうがよいということです。

例えば、下のような招待を受け取ったならば、

https://zoom.us/join
ミーティングID: 000 0000 0000 
ミーティングパスワード: 0000000
 
Invite Link: https://zoom.us/j/00000000000?pwd=<パスワード(アルファベット・数字の羅列)>

必ず https://zoom.us/j/<ミーティングID>?pwd=<パスワード> の形のURLを入手しましょう。

※パスワードがないと、Zoomを起動させたときにパスワード入力画面で止まってしまいます!

※ミーティングパスワード(数字のみ)とpwd=の後のパスワードは異なります。数字のみのパスワードを使用しても、自動的にミーティングに入ることができないので注意してください!

ターミナルから起動できるか試してみよう

ターミナルを開く

「ターミナル」を開きます。

ターミナルの起動方法

  1. F4キーを押して、Launchpadを開きます。(開けない場合はfnキー + F4 キーを試してみましょう)
  2. 検索バーに「ターミナル」もしくは「terminal」と入力すると、ターミナルが出てきます。
  3. ターミナルアプリを開きましょう。
LaunchPadを開く

ターミナルを開く

ターミナル画面(黒塗りしています)

ターミナルでZoomを開く

ターミナルを起動したら、次のように入力します。Zoom招待リンク https://zoom.us/j/<ミーティングID>?pwd=<パスワード> の、 <ミーティングID><パスワード>を使います。

open "zoommtg://zoom.us/join?confno=<ミーティングID>&pwd=<パスワード>"
open “zoommtg://zoom.us/join?confno=<ミーティングID>&pwd=<パスワード>" を入力する

Zoomが起動する!

すると、Zoomが起動します!

サインインが必要な場合はしておきましょう。
ミーティングに接続中
ミーティングに参加できた!

Automatorを使って自動起動アプリを作る

Macには作業を自動化できるAutomatorというツールが用意されています。

これを使うことで、Zoomミーティングを指定時刻に起動させることができます。

Automatorの起動

F4キーを押して、Launchpadを起動し、「automator」と入力することでautomatorが起動できます。

automatorは宇宙人のようなアイコンをしています

カレンダーアラームの選択

「書類の種類を選択してください」と表示されるので、「カレンダーアラーム」を選択します。

 カレンダーアラームを選択

「シェルスクリプトを実行」を選択

左上の検索バーに「シェル」と入力すると、「シェルスクリプトを実行」が表示されます。これをダブルクリックしましょう。

検索バーに「シェル」とでも入れれば「シェルスクリプトを実行」が表示されます。

openコマンドを貼り付ける

「シェルスクリプトを実行」の部分に、さきほど試したコマンド

open "zoommtg://zoom.us/join?confno=<ミーティングID>&pwd=<パスワード>"

を貼り付けましょう。

openコマンドを貼り付けました。

保存する

ファイル→保存をクリックし、適当な名前をつけます。

カレンダーアラームの名前をつける。

すると、自動的にカレンダーが起動し、openコマンドを自動実行してくれます。

カレンダーが自動起動して、カレンダーアラームが設定されました。

カレンダーアラームを好きな時刻に設定する

あとはこのカレンダーアラームを好きな時刻に移動するだけで、自動起動が実現できます。

1限の時刻にセットしました。

まとめ

手順をまとめると、次のようになります。

  1. Zoom URL(https://zoom.us/j/<ミーティングID>?pwd=<パスワード>)を準備する。
  2. Automatorでカレンダーアラームを作成し、シェルスクリプト open "zoommtg://zoom.us/join?confno=<ミーティングID>&pwd=<パスワード>" を貼り付け、保存する。
  3. 好きな時刻にカレンダーアラームを移動する。

みなさんも素敵なZOOMライフを!